どんなバカでも読めばわかるポケモン

ポケモンというゲームにおいてトレーナーが取れる行動は2つしかない。交換と技選択である。ここで道具もあるだろとお思い方はブラウザバックして今から赤緑でもやっていて欲しい。交換は単純に交換するだけである。つまり、1ターンパスみたいなもので基本的に相手に対して干渉していない。対し技選択は、自分をバフしたり、相手に攻撃したりデバフしたりしている。アドバンテージが取れているのである。よってこちらは常に技選択をできるようにすることが理想である。

 

 

技選択をできるようにする基本的な状況、それすなわち有利対面である。特にゲームプランを考える上で重要な初手ではそれが望ましい(†有利対面を取れるポケモンとは†とかそういうのは別の記事に書く。長いのである)。とりあえず有利対面を取ったとしよう。ここでの相手のプランBは交換である(役割集中の話はまた別の記事に書く。というかいちいち別に書くだの述べているとテンポが悪いのでここからは本筋にまつわる事柄以外は省くこととする)。交換をされることがわかっているのだからそれに合わせてゲームを進めていけばいいのである。主なプランは二つである。

 

 

A 交換先もその初手のポケモンで破壊する

 

おそらく一番簡単であるが故に不安要素もなく時間効率も良い最強のプランである。わかりやすい例を言えば秘密不意ガルーラであろうか。秘密不意からの対面性能と、秘密自身の一貫性である。僕自身もまだやってなかった頃の話だが、猫捨て身冷パン地震ガルーラだと対ガブリアスに対して冷パンを打った際にスイクンに引かれるとひどい目に遭っていたらしい。ところが、秘密不意ガルーラはそれを解決した。ガブリアスは秘密の力と不意打ちで落とせた。スイクンが後ろから来ても秘密連打でなんか痺れて落とせたのである。つまり、初手にガブリアスが来ようがとりあえず秘密の力を押していれば勝てたのである。技が一貫していたのだ。技が一貫していたのだ。

というふうに対面性能が高く技が後続にも一貫するポケモンを初手に置ければだいたい勝てる。ただし、バレてしまえばそのうち対策される。

 

 

B 交換先をコントロール。そいつに後出しして何らかのアドを取れるポケモンを用意する。

 

端的に言ってしまえば、後続の起点になるようなポケモン、敵が受け切れないようなポケモンを繰り出せるポケモン、これらを引っ張ってしまえばいい。

前者がガルーラを出します。クレセリアに引かれます。ウルガモスを出します。

後者はミミッキュを出します。ナットレイを出します。リザYを出します。

これである。つまり対面に負けてしまえば『容易に受けられて大損害を被ってしまう』ようなポケモンしか出せませんという状況を作ればいい。ちなみにこれらの理論は釣り交換でおっけいって言われる。

 

とまあここまで書いたけどこっから詰めていきます。ここまでは多分並びの領域。ここからは構築の領域に入ります。

 

 

Aのプランは実行できるポケモンがウルトラサンムーンでは現在存在しないのでないものとする。Bのプランについて考える。障害となるのはリザYのパワーが通じないポケモンである。要は半減無効化してくるものである。環境にいる中で以下の条件が当てはまるものはウツロイドとゴキブリである。こいつらをしばける手段を用意すればいいのである。

1リザY自身に地震を搭載する

2そのポケモンに枠を割いて対策する

3そもそも出さないで別のプランを用意する

この3つである。1が一番簡単である。そもそも余裕がある対面なら裏読みの行動をしてもリスクリターンが取れているので許されるであろう。2はもう何も言わなくてもわかると思う。ただウツロイドヒードランは交換先に対してかなりのアドバンテージを取れるポケモンなので極力は避けたい。2をするなら3の方が無難である。3はリザYを通すというのが前提の選出である以上裏選出を練った方が勝利数を稼げるかもしれない。この辺は諸説ある。

纏めると裏選出か役割破壊技を用意しろという話。

 

 

この記事を纏めると

1初手は対面性能の高い駒を用意して技選択の権利を得ましょう。相手の交換先を絞れるポケモンを用意するとなおいいです。

2相手の後ろから出て来たポケモンに超火力のあるポケモンをぶつけましょう。

3通したいポケモンが通らないような相手のポケモンを考え、それに勝てるような技や裏のポケモンを選びましょう。

こういうことです。